ツアーには頼らない、初めての個人手配旅行、ひとり旅を応援します。一人旅の基本、コツ、旅先でのおもしろ実体験を分かりやすくお伝え致します。

オーストラリアワーホリのタックスリターン額公開!!!【2018年に申請しました】

こんにちは、canakoです。

 

今回は、皆さん気になる、オーストラリア2016年度(2016/7-2017/6)の

タックスリターン with ワーホリ

についての記事です。

 

私もたくさんググって、多くのオーストラリア ワーホリさんのブログを参考にさせてもらいました。

今回、私の一例も皆さんの参考になればと思い、書いています。

 

 

なお、現在は457ビザ(ビジネスビザ)でオーストラリアに滞在していますが、

2016年度はワーホリビザ+ブリッジングビザのため、Statusはワーホリビザと同じ扱いになります。

 

申請方法

オーストラリアにいる日本人の税理士さんにお願いしました。

 

ワーホリは2016年末までと、2017年1月~6月までで税率が異なるので、自分で行うのが面倒だったためです。

 

税理士さんへは$105AUDお支払いしました。

メディケア免除の書類は、自分で取得しました。税理士さんにお願いすると、追加で$40だったので、節約できました。

 

税理士さんへの申請時期

税理士さんへのお願いは2017年10月に行いました。

2017年7月からできるのは知っていましたが、ダラダラしてしまいました(笑)

 

税理士さんを通してATOへの申請時期

2018年3月です。

2017年10月に、税理士さんから以下のアドバイスをもらったためです。

 

「ビジネスビザを取得してから申請すると、もしかしたらワーホリ時も居住者としてみなしてもらえるかもしれないよ。

 

2017年10月現在、ブリッジングビザのStatusでATOへ申請すると、ワーホリの扱いになり、居住者として申請しても、非居住者とみなされる可能性高いよ。」

 

その言葉を信じて、2018年3月上旬に申請しました!

 

タックスリターン結果判明までの待ち時間

1.5か月です。

税理士さんから、

「通常は2-3週間で振り込まれるけど、1か月経っても音沙汰無しなら連絡してください」

 

と言われて、申請してから毎日朝晩ネット通帳を確認していました。

しかし、1か月経過しても振り込まれないので、税理士さんに確認のメールをすると・・

 

「今朝、ATOから連絡があり、貴女は税務調査の対象となりました。よって、リターンまで時間がかかります。」

 

税務調査????????

税務調査って、怪しい人が税務署から調査されるものですよね・・・

 

私何もしてないのに・・・・・と思って英語でググってみると、

www.sbs.com.au

要約すると、「ATOは2017年7月1日以降にビザを得た学生や移民に対し、2018年1月から大々的な税務調査を行うことを発表した」

 

って感じです。スーパーやビザの履歴も全部チェックします。とのこと。移民排除の動きですね~~~。移民に対する法律がたくさん変更になっている流れからかと思われます。。。

 

タックスリターン結果

お待たせしました。

 

今日、私の口座にてタックスリターンを確認できました。

 

その金額・・・約$5,200

2016年度、ワーホリ分は、全て居住者として認識されたようです!!

 

税務調査もなにも連絡なく終わりました。

 

大きなお小遣いでした^^

2017年度のタックスリターンもあと3か月で始まりますね~!

 

今回はどのくらい返ってくるのか、楽しみです。同じ税理士さんにお願いしようと思います。

 

以上です。どなたかの参考になりますと幸いです!

canako