読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ツアーには頼らない、初めての個人手配旅行、ひとり旅を応援します。一人旅の基本、コツ、旅先でのおもしろ実体験を分かりやすくお伝え致します。

海外ひとり旅で、何が変わった?

ごきげんよう canakoです。

 

今回は、海外のひとり旅で、何が変わるのか?

お伝えできればと思います。

海外に行くと、考え方が変わる、自分の悩みがちっぽけに見える等、巷では言われてますね。私なりに何が変わったか、記載していきます。

▽私の初めての海外ひとり旅歴はこちらから▽

canacotravel0501.hatenablog.com

 

1.英語の苦手意識が無くなる

海外に行くと、日本語を話せる外国人はほぼいません。

自分の最低限の意思疎通をどうにかして伝えなければなりません。

ホテルでは、チェックイン、ドライヤーが無い・故障している、デポジットのお金返してください。などなど・・・。

レストランでは、メニューください、水は炭酸が入っていないものでお願い、お会計の価格が間違っています。とか・・・。

 

学生時代にインプットした英語のなかから、なんとか覚えている単語を引き出して相手に伝えます。恥ずかしい気持ちなんてありません。生きていくためです!(笑)相手も笑いません。文法が正確な綺麗な英語よりも、意思の通じる英語で十分です!

 

そして、なんとか自分の拙い英語で意思疎通ができるとわかると、次に困っている訪日外国人を助けたくなります。(笑)私は、地図とにらめっこしている外国人には、どこ行きたいの?何探しているの?と駅でよく声かけてます。

それで彼らに「日本人って親切」と思って頂ければ嬉しいですからね。

私もよく外国では現地民に助けてもらっているので^^

 

2.知らないところへ行く、知らない人に出会うことが楽しくなる

=新しい出会いが好きで、求めるようになります。

初めて行く場所は誰も知り合いがいない、道もわからない、不安だらけでしょう。

しかし、チャレンジしていくしか選択肢はありません。そんな不安にも慣れてきます。知らないところへ行って、そこで結果的に素敵な思い出ができると、不安だったけれど来てよかった!と思えますよね。それの繰り返しです。毎回素晴らしい思い出、出会いがあります。

 

不安、心配という気持ちだけで行動をしないと、なにも新しいことに出会えませんよ。

あ、新しいことに出会わないことを喜びとしているならば、それでよいと思いますが(笑)

 

3.いろいろな価値観を知り、他人に対して寛容になる

受け入れられるキャパが広くなるとでも言いましょうか。

これは特に中国人と一緒にいると感じます。(笑)人の良い部分に目が向くようになります。自分では考えられない選択や行動を起こす人がたくさんいます。

そんな人を身近で見て、空気を感じて、その人の立場になって考えてみる。(私の場合は質問してしまいます。)

その人の国の歴史や環境によって価値観は異なりますから、何が正解で何がダメとかはありません。ただ、いろんな考え方を知って、自分の見分を広げることは素敵なことではないでしょうか。

 

4.自分の帰る場所(居場所)が増える

私が最も変わったと感じているのは、この4.自分の帰る場所が増えることです。

ひとり旅を通じて見つけた、家族と呼べるような気の知れた友人がいたり、癒される大好きな場所があります。いつでもそこに行けば、楽しい時間がある、幸せで満たされるとわかっています。

日本の嫌なことから逃げられる場所というと聞こえが悪いですが、リラックスしてパワーチャージできる場所。素の自分に帰れる場所が日本だけでなく海外にもあると、現実逃避感が増していい気分になれますよ!(笑)

 

 

以上4点 ご説明しみました。

私の場合、海外に行って行動力や度胸が身についたとかは特にありません。しかし、海外に出て、いろいろな経験をして豊かな人生になったほうが、楽しいですよね。

私の見つけた自分の居心地よい場所は、日本・スリランカ・中国です。

中国というと驚かれそうですが、慣れると良い意味でも悪い意味でもなんでもアリで楽なのですよ!(笑)

 

皆さんも、ご自身のお気に入りの場所を世界中で見つけてみてはいかがでしょうか?

 

今日の写真は、スリランカの私のお母さんです♪病院でナースをしています。大人しいけれど、面倒見がよくて料理が上手。2階に私のお部屋があって、いつも1週間以上滞在しています^^左に少し写っているのはお父さんです。

f:id:canakotravel0501:20160215144740j:plain