読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ツアーには頼らない、初めての個人手配旅行、ひとり旅を応援します。一人旅の基本、コツ、旅先でのおもしろ実体験を分かりやすくお伝え致します。

中国と日本の違い【中国旅行前に知っておくべき7つのこと】

中国

ごきげんよう canakoです。

 

最近、LCC(ほぼ春秋航空?)のおかげで中国に旅行しやすくなりました。

今回は、中国に行く前に知っておきたい中国と日本の違いについてお伝え致します。

 

外国人が泊まれないホテルがある

f:id:canakotravel0501:20160324133639j:plain

中国には、中国人専用(=外国人宿泊不可)のホテルがあります!安くて清潔そうなホテルを予約しようとすると、たいてい中国人専用です・・・。その場合、ホテル予約サイトには、「中国本土のみ・Main land限定」のような記載があります。お気を付けください。

外国人が泊まれるホテルは、政府の許可がいるそうです。ちなみにチェックインの際、中国人はIDカード、外国人はパスポートが必要です。

 

電車に乗るとき、いちいちセキュリティチェックがある

f:id:canakotravel0501:20160324134650j:plain

改札に切符を通す前に、セキュリティチェックがあります。

空港みたいに手荷物をセンサーにかけます。一つのレーンしかないので、通勤ラッシュ時は本当に面倒です。ただでさえ人の多い中国なのに・・・

地下鉄でも、新幹線に乗るときも、セキュリティ厳しいです。

ちなみに新幹線は、出発の10分前にならないとホームに入れさせてもらえません。これも人が多すぎるからなのでしょうか・・

 

白ご飯がレストランメニューにない

f:id:canakotravel0501:20160324131837j:plain

以前、四川料理を食べたときのこと。辛くておいしくて、ご飯との相性が抜群の味でした。白ご飯を注文しようとメニューを見ても、記載がありません。ですが、店員さんに尋ねると、「白ご飯あります」とのこと。

なぜメニューに記載しないのかと言うと、中国人は基本的に白ご飯を外食先では食べないからです。おかずだけです。

理由は、白ご飯は家で食べられるからです。昔、貧しいときの名残ですね。頻繁に外食をできなかった時代、贅沢な外食中に家で食べられる白いご飯を食べてお腹いっぱいになるのはもったいないという考え方です。

ご飯大好きな日本人の皆さん!メニューになくても、白ご飯の用意はありますよ!

 

お手洗いにトイレットペーパーが無い

ホテル以外は、ほぼトイレットペーパーの設置がないです。デパートにもありません。持参してください。たまにトイレの入り口に有料のティッシュが売っています。

私はいつも芯を抜いてつぶしたトイレットペーパーをバックの中に入れています。トイレ内も綺麗とは言い難いので、いたるところを拭くのに、ペーパーが役立ちます。

街のトイレにウォシュレットはもちろんありません!!

 

ちなみに使用済みのペーパーは、トイレの横にあるバケツ?の中に入れます。なんでも、排水管がつまるのでそのまま流すのは禁止だそうです。これが悪臭の原因かと・・

 

ネット環境は規制ばかり

LINE、FacebookgoogleTwitter・・・使えません。

最近LINEは、アンドロイドのスマホでは利用可能だそうです。

彼らは、LINEのかわりに「Wechat(微信)」、Facebookのかわりに「qq」、googleのかわりに「baidu(百度)」を利用しています。私も中国人の友達とは、Wechatでやりとりをしています。

Wechatのやりとりはすべて中国政府が見られるようになってますよ!

ちなみにエロい動画?AV?も中国では規制対象です!彼らはmake loveの方法を日本のAVから学ぶのだとか・・(笑)

 

どこでもお湯をもらえる

f:id:canakotravel0501:20160324141706j:plain

さすがお茶文化と言うべきでしょうか?お寺で、空港で、飛行機内で、レストランで、カフェで。どこでも無料でお茶をもらえます。中国人のマイ水筒持参率は、超高いです。お店では、水筒を渡してお湯頂戴~と言えばいくらでももらえます。

中国人は移動中も常にお茶を飲んでいます。また、中国茶は何回もお湯を入れて味の変化を楽しめます。

 

【番外編】中国人とのお酒の席は、乾杯をたくさんします

f:id:canakotravel0501:20160324141651j:plain

日本では、乾杯は会の始まりだけですね。中国は違います。1回の食事の間、事あるごとに乾杯します。お酒を飲みたいときひとりでは飲みません、友人にグラスを向けて乾杯をして、一緒に飲みます。

そのほか、何か決めたとき、楽しい気分のとき、ふと無言になったとき、常に乾杯を求められます。自分のペースで飲めません!!これは、仕事です!!しかも、乾杯と言われると、飲み干さないといけません!!!

 

他にもたくさん文化の違いはありますけれど、

旅行に行く際に知っておくべき中国と日本の違いは、これくらいでしょうか。

近い、安い、面白い中国にぜひ行ってみてくださいね~♪

 

中国の関連記事