読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ツアーには頼らない、初めての個人手配旅行、ひとり旅を応援します。一人旅の基本、コツ、旅先でのおもしろ実体験を分かりやすくお伝え致します。

海外旅行でのスリ対策【失敗編】

ごきげんよう  canakoです。

f:id:canakotravel0501:20160401131221j:plain

 本日は、海外旅行でのスリ対策の失敗例をご紹介します。いいですか?失敗例です。真似するか否か、吟味してください!!

 

私の初めての海外ひとり旅は、2012年、ヨーロッパ20日間。海外を何も知らなかったので、行くまでは恐怖心のかたまりです。なので、できる限りスリ対策をしていきました。まさかそれが裏目にでるとは・・・

 

具体的な対策

・とにかくお金を分散して持つ。

・首からかけるがま口財布にする。

この2つです。海外旅行を考えている皆さんがすでにご存知の対策ですよね?私もこれを実践したのに、失敗したのです。

 

靴の底にお金をしまう

f:id:canakotravel0501:20160401132144j:plain

「お金を分散して持つ」対策1です!ですが、雪の降るなか水たまりの道を歩く日がありました。もちろん靴は底も全体もびちょびちょです。靴を脱いで逆さにすると水が滴ります。

私が靴にしまっておいたお金もびちょびちょに!!!

濡れるだけならまだしも、歩いているときに濡れたお金が足の裏とすれて、粉々?に破けてました!!

取返しのつかないことになりましたよ。私の1万円がなくなった瞬間でした。

 

ティッシュにくるんでバッグにしまう

「お金を分散して持つ」対策2です!1万円札を4つ折りにしてポケットティッシュでくるんでバッグにいれておきました。

しかし、そのときすごく寒くて(上の写真みたいな雪降る真冬です)鼻かぜを引いてしまったのです。私のバッグは鼻水をかんだティッシュまみれに。やっとごみ箱を見つけて使用済みティッシュを全部捨ててホッとした瞬間・・・!

1万円を包んでいた神聖なティッシュも処分してしまったのです!!!これで私の現金1万円がまた無くなりました。

 

分散しすぎてどこにしまったか忘れる

どこでスリに出会うかわからないので、大げさなくらい警戒することが悪いこととは思いません。

ですが、私はお金を分散して持ちすぎて、管理できなくなりました。どこにしまったか忘れると、スリにあったことすら気が付きません(笑)分散しても、日本語で「どこに・いくら」しまったかメモしておきましょう。

 

ポケット付き腹巻を用意するも、面倒で使わなくなる

一度は聞いたことあるのではないでしょうか?腹巻にお金を忍ばせておく手法!最初の1日、2日は使用していましたが、すぐ使わなくなりました。

なぜかというと、その上にヒートテックを着ていたので重なっている腹巻部分がむずかゆくなったからです。腹巻、あまり意味がないのではないでしょうか。

 

首かけ財布を持っていくも、首からかけずバッグにしまったまま

首からかける財布を持っていくのは、財布を肌身離さないようにしてスリに会わないためだと思います。

しかし、バッグにしまったままでその役割を100%発揮することはありませんでした。理由は3つ。

1.写真に首かけ財布が写るのや嫌だった

2.いちいちコートのボタン外して財布を取り出すのが面倒だった

3.硬貨が増えると重くて首が痛かった

首かけ財布の利用を考えている方は、自分の向き不向きをきちんと見極めてくださいね♪(笑)

 

【最後に】それでもスリ・盗難にあったことはありません

備えあれば憂いなし!ですね。自らの紛失はあっても、他人に盗られた経験はありません。

お金には気を付けて、楽しい旅行をしてください^^

f:id:canakotravel0501:20160401222933j:plain

canakoの海外旅行歴